SIMONのジュエリー

SIMONのパール

SIMONのパール

パール イメージ

美しい真珠には品格があります。

世界中の女性を魅了するパール。真珠の国日本に生まれた私たちは、
その魅力を最大限に味方にしたいものです…。
かつてパールといえばフォーマル専用のジュエリーのように思われていましたが 
カジュアルファッションにパールを一本合わせるだけで大人の気品と女性らしさを表現してくれる
最も重宝するジュエリーです。
アコヤ真珠・南洋真珠・淡水真珠それぞれに特徴があります。 
TPOに応じて使い分けてさりげない大人のエレガンスを楽しめる女性に・・・


パールの種類

Akoya Pearl (アコヤ真珠)

日本人に最も似合うといわれるパール。
すべてのフォーマルシーンで品と格を表現してくれるジュエリー。
最近ではカジュアルファッションに重ね着けのアレンジでモードな気分を表現。
色、形、大きさを生かしてもっと遊び心で着けてみませんか?




Fresh Water Pearl (淡水真珠)

湖や河で養殖される淡水真珠。
以前は日本にも琵琶湖産が在りましたが今は中国産がほとんどです。
養殖の技術が向上してひと昔前とは比較にならないほどきれいな真珠が
できるようになりました。
SIMONでは最高の品質のものを厳選して仕入れ加工しています。
豊富なカラーヴァリエーションとプライスで人気急上昇です。



South Sea Pearl (南洋真珠) 

の海(オーストラリア・タヒチ等)で白蝶貝や黒蝶貝を使って養殖されている大粒真珠
真珠層が厚く光沢があり微妙なカラーヴァリエーションを生かして
最近はマルチカラーのネックレスが人気です。
また人の手が加わらないケシパールやバロック・ドロップ等の変形珠も
その唯一無二の個性がユニークです。
大人のファッションを神秘の輝きでグレードアップしてくれます。



パール イメージ


真珠の見分けかた~真珠のグレードは何できまる?

真珠をお選びになるときに いちばん大切なことは、
光沢の長持ちする珠を選ぶということです。

真珠層を作る成分は、主にたんぱく質とカルシウムですから、
プラチナやダイヤモンドと違い永遠に不変のものとは言い切れません。
真珠層の薄いものは一年もたたないうちに色が変わり、
光沢が失われてしまうことがあります。
失われた光沢を元に戻すことは出来ないのです。
真珠層の厚い珠には深みのある輝きがあり、
その光沢は100年に及ぶといわれています

光沢の長持ちする真珠とはどういうものなのか、
よく見極めてお選びください。


巻き・・・・真珠層の厚さを言い、巻きが厚いほど深みのある輝きがあります。

色 ・・・・自然の恵みで作られるものなので色調にはひと粒ひと粒微妙な     違いがあります
       ピンク系・ホワイト系、クリーム系・ブルー系・グリーン系・ゴールド系などです
       着ける方の肌の色、お好みでお選びください


テリ・・・・真珠の生命ともいうべき光沢のことです。
       光の反射がなくぼうっとした珠と、覗き込んだ顔が映るほどの光沢を持つ珠とでは
       品質に大きな差があります。

 ・・・・ラウンド(真円)が一般的に評価が高いのですが、真珠層の巻き具合によって 
      楕円やなみだ型に変形したものもあり 個性的なニュアンスをかもし出します。


キズ・・・少ないほど良いとされています。
      海が育てた真珠ですから、キズ(エクボと呼ばれます)はある程度避けられません。

大きさ・・・珠の直径の大きいものほど高価になります。
      直径4ミリ以下のものをベビーパール、8ミリ以上は大珠と呼ばれます。



       ※ ネックレスにしたときは連想(上記の要素の揃い具合)の
         良し悪しでも評価が変わってきます。


【営業日】カレンダー
  • 今日
  • 店舗休日
  • 営業日

■店舗営業日は予約不要。
■水・木曜日=店舗定休日
▼木曜=店舗は予約対応可。(オンラインショップは通常営業)
※営業日は上記カレンダーでご確認ください。

DIARY~ジュエリーエピソードetc

店長です

ご来店ありがとうございます
永遠に変わらないジュエリーは日々の暮らしのお守りのようなもの。
日常のアレコレを綴っています。 WELCOME!
店長日記はこちら >>

ページトップへ